2006年08月10日

お願い・お知らせ

サイドバーにリンクしている沖縄ペットの迷子・里親情報サイトWish!さん発信の

80頭を救いたい・里親募集中プロジェクトは

すべての子が交渉中or譲渡内定となりました

スタッフ・ボランティアの皆様、大変な日々だったことと思います

本当にお疲れ様でした


現在交渉中・譲渡内定の子が里親様のもとへ到着するまで、

引き続きリンクは貼らさせていただきます



大阪府わんこ27匹の里親募集はあと1頭の子(クール君)が

一時預かり様宅で里親様を待っています


全ての子がしあわせを掴むまで、皆様どうぞよろしくお願いします

ニックネーム yukiboo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

対極にある最期

この2週間ほど実はずっと悩んでいた




ぱでぃは五つ子

ある家庭で未避妊のまま外飼いをされていた母犬から生まれた

母犬の飼い主がセンター(保健所と言ったほうが伝わるだろうか?)に

「育てられない」と処分のために持ち込む寸前に

保護主さんに救われたと聞いている


兄弟は別れ別れにはなったがそれぞれ家族に迎えられている

ぱでぃも含めてみんなしあわせだと思う



ぱでぃ達兄弟は運が良かった



“運”って言葉が適切かどうかわからないけれど

何かが違っていたら今は無かった

もし、違っていたら?


ここに紹介されている子達のようになっていた・・・


ksU66XqziN9pemV9IKnj.gif

rV5NZZL1apjZpiLGt66C.gif


ももママのレポートです


センターでの処分のレポートはこれまでもいくつも読んだ

そのたびに憤りを感じた

そのたびにぱでぃとしあわせになろうという思いは強くなった


いままでは自分以外の人に「読んでほしい」とは言えなかった




でも、チャッピーの最期に触れ、素晴らしい家族を目の当たりにして

ぱでぃとのこれからを考えた時、

家族に支えられ、ママの胸、腕の中で逝ったチャッピーとは

まるで正反対の最期だった子達のことを思った



この現実を知っていてください


ももママと一緒にセンターを見学された華ママのレポートもあります


syobunn2011.jpg

syobunn2022.jpg


辛いだろうけど、読んでください
ニックネーム yukiboo at 02:18| Comment(4) | TrackBack(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

迷子のコーギーさん

☆☆☆太郎君を探しています☆☆☆

bnnr_taro2.gif

情報はももの幸せ日記


☆★☆こちらもリンクのご協力お願いします☆★☆

80頭を救いたい・里親募集中

強制収容期限が迫っています・・・あと16日


356_1.gif

一時預かりさん達の『預かり日記』も↑から行けます

どの子もみんないい子達です



クマ   クマ   クマ   クマ   クマ   クマ   クマ



満月さんの所で知りました

迷子のコーギーの飼い主さんをさとさんが探していらっしゃいます

以下、転載です

 3月12日神奈川県中郡二宮町で保護されました。
 飼い主さんのお迎えを待っています。


s-c0065643_19425569.jpg

 コーギーの男の子推定2歳(未去勢)
 12.4キロ
 しっぽが長い
 舌がぺロって出ている
 首輪はしていませんでした。


 周辺の愛護センター、保健所、警察には連絡済です。
 県外から遊びに来て迷子になった可能性もあります。
 どうぞ、皆様のブログ、HPでの呼びかけなどなど
 お力をお貸しください。
 宜しくお願いします。



断尾していないペンブローグの子は

散歩で見かけたことあるけどかなり珍しいと思います

早くお家に帰れますように・・・


で、ぱでぃは?
ニックネーム yukiboo at 23:59| Comment(10) | TrackBack(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

チロ君、飼い主様見つかる!

ももママが保護していたチロ君の

飼い主さんが見つかりましたわーい(嬉しい顔)

先程、ももママからめぐろのいぬやしきさま

連絡が入ったそうですphone to


チロ君、よかったねGoodGood

s-2006.01.28511.jpg

詳細は後ほどももママがブログにUPされると思いますが

取り急ぎご報告です




ニックネーム yukiboo at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

クリス君、無事保護!!

ashiatoさんから嬉しいご報告がありました♪

クリス君、無事保護されました!!

(保護の経緯は↑をクリックしてください)

保護後のクリス君の様子等はこれからUPされると思います

リンクにご協力くださった方々、ありがとうございました♪

捜索にあたられた皆様、本当にお疲れさまでした



大丈夫、太郎君もきっと見つかるよ!
ニックネーム yukiboo at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

ボクを探してください

伊丹市で連れ去られたクリス君

捜索願いのページが出来たそうです

c0030833_037674.jpg

ボクを探してください

クリス君の兄弟犬、クレア君の飼い主さんの

あしあとさんが情報提供を呼びかけておられます

ご覧くださった方、リンクのご協力をお願いいたします

***************************************************

迷子の太郎くんに似た犬が目撃されています!

IMG_0143.jpg

現在までの捜索状況、情報提供のお願いが

ももママのブログにUPされています

ポスターのダウンロードも出来るようになっています

こちらもリンクのご協力をお願いいたします

ニックネーム yukiboo at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

太郎君、捜索状況

太郎君まだ見つかりません・・・

現在の捜索状況がももママのブログに載っています

ご覧になってくださいm(__)m


以下、一部抜粋した転記です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在太郎の保護主さん(我が家がお手伝いさせて頂いている方です)
新座里親会のH様が現地にてチラシを貼って下さっています。

私の方で埼玉県全部の保健所に問い合わせしましたが、
今の所情報はありません・・・
オスは常に発情していると考えていますので、
メス犬を追って遠くへ行ってしまった可能性もある為、
東京のセンターにも連絡予定です。

HIMG0004.jpg

*写真は10月頃のものです

2日という時間を考えると、かなり遠くへ移動しているケースも
考えられます。
現場は川口市ですが、隣接する蕨市・さいたま市・戸田市、
川を越えて(芝川という川の可能性大→荒川と合流するそうです)
東京都板橋区・北区の可能性もあります。

付近の方でちらしを貼って頂ける方がいましたらコメント欄に
メールアドレスを残して下さいm(_ _"m)
メールでお送りします!!

里親さんが携帯を持っていない為、連絡が取りずらくなっており、
連絡が上手く行っていません。
この少ない情報の中での、ご協力依頼をお許しください。
進展がありましたら、すぐにブログでご報告いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

近隣の方がいらっしゃいましたら、チラシ貼付・配布への

ご協力をお願いいたします

こちらのコメント欄にお知らせいただいても結構です


ニックネーム yukiboo at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太郎君、迷子に!!

もも家の卒犬、太郎君が迷子になってしまいました!

以下、ももママのブログより転載です

**************************************************************

 元預かりっこ太郎が迷子になりました。

1月10日 夕方6時頃
埼玉県川口市と鳩ヶ谷市の中間点の川沿いを散歩中に行方不明に
なりました
他の散歩中にワンコに吠えられ、その時は何もなかったのですが
すれ違ってしばらくしてから急にひっぱられリードをつけたまま
走って行ってしまいました

首輪は黒色 リードは黒と灰色
迷子札・鑑札をつけています
11ヶ月前後
去勢未
体重15`前後
シェパ系MIX
人懐こいが大きい音等にはびっくりしてしまう

s-d.jpg

※10月頃の写真です
顔はあまり変わっていないそうですが、
もう少し大人びているかもしれません

IMG_0155.jpg

※こちらは9月頃の写真です

保健所・警察連絡済み
念のため清掃局へも連絡
チラシをご家族が作成中、出来次第近辺に貼ります

我が家にいた時の太郎は元気で人懐こいが、
その性格故回りが見えなくなる事もありました
事故を心配しています
詳しい情報が入りましたらブログにUPします

****************************************************************

昨日の今日で我が家も人ごとではなく、心配です

どうか情報をお寄せください

上記リンクよりもも家ブログへのコメント・又はこの記事への

コメントでも結構です、宜しくお願いいたします


ニックネーム yukiboo at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

クリス君連れ去り!!

果実姉妹の母、満月さんのブログにて緊急のお願いです!

以下、転載です

****************************************************************

ブログ友達でこの間再会を果たしたasiatoさんから緊急Helpです!

《以下あしあとさんのブログ引用》

クレア君の兄弟犬、クリスくんが昨夜大阪、伊丹市にある
日本レスキュー協会から連れ去られました。
深夜に警報がなって、警備員、協会の方々が駆けつける間に
連れ去られたそうです。

クリス♂ ジャーマンシェパード、ブラックタン
来月で6歳
体重30キロ前後。人なれはしていますが、
誰にでもフレンドリーという訳ではありません。
*レスキュー協会の方から了承を得て画像・記事をアップしました*

s-c0065643_1550591.jpg
s-c0065643_15502665.jpg
s-c0065643_155040100.jpg

どんな情報でもかまいません。
とりあえずこちらのコメントにでも構いませんのでお知らせください。特に関西方面の方、よろしくお願いします。

☆☆レスキュー協会の「クリスの捜索にご協力お願いします」がアップされました!☆☆

 〜〜〜クリスについて<以下抜粋>〜〜〜
犬種:ジャーマン・シェパード
性別:オス
年齢:5歳11ヶ月
体重:約30kg
特徴:黒と茶の標準的な毛色。
   個体識別のため、右耳の内側に薄い青色で番号が刺青されて
    います。
   現在、左後肢の肉球を怪我しており、
    足跡に少量ですが血が混じる事があります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一刻も早い救出が望まれます。
情報は直接レスキュー協会TEL:072-770-4900、FAX:072-770-4950、E-mail:info@japan-rescue.comへ又はこちらへのコメント、メールashiatogsd@yahoo.co.jpでも構いませんので、よろしくお願い致します。

リンクのご協力もお願いします!



ニックネーム yukiboo at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

里親になるとき...

もも家に戻ってきた小冬ちゃんです

200601042325000.jpg

再度、里親さんを募集中ですひらめき

『再度』となった事情はもも家の日記に書かれています

まず、こちら↑をお読みください


今日はちょっと振り返って、思っていたことを書きます(長いよあせあせ(飛び散る汗))


ぱでぃはご存じの通り、里親会から譲り受けた子です

ぱでぃを家族に迎えるまでに、

我が家は三度、保護団体から譲渡を断られました


はじめに我が家の当時の様子(現在もさほど変わりありませんが)を

書いておきます

・強く希望したのは子供だが犬と暮らしたいのは家族の総意

・家族とは二世帯、子供のいる世帯はペットNGの住まい

 なので迎えた犬が暮らすのは父母(高齢者)の住まいになる

・ゆえに、譲渡されるのはばぁばで私は後見人となる

 (書類上、ぱでぃはばぁばの子なのです)




* 最初に応募した子は里親譲渡会を開催していない近県の

団体に保護されていて、メールのやりとりのみで断られました

相手方の質問には全て正直に答え、

こちらの事情と気持ちを付け加え、面接も希望しました

で、ダメでした      理由は・・・「他の希望者さんは

必要な物を揃えて応募されているからそちらに」とのことでした

この時に思ったこと・・・

・実際に会ってもいない、大きさもわからない子のために

 応募の段階で必要な物を揃えるって?


* 次に応募したのは地域の無料情報誌に載っていた譲渡会でした

会場に行き、たくさんのわんこに会い、「この子を」と希望し、

その場で面談  で、ダメでした   理由は・・・

「子供さんの希望が強いご家庭からは後で戻されるケースが多い、

 加えて、お宅の場合は飼育は高齢者のいる家でになるのに、

 今日は同席されていないから」とのことでした

この時に思ったこと

・ミスった! その場で面談になるとは思っていなかったので

 ばぁばを連れて行かなかった(ネットで見ていたどの保護団体も

 “後日家庭訪問”とあったから)

・きっかけは子供の希望でも、家族の総意で家族になる子を

 探しているのに・・・

・こちらの気持ちを伝えるだけじゃダメなのは、保護団体の方達は

 様々なケース(犬のことも人のことも)を目の当たりにされてきて

 いるからなのだろうな・・・

・だからなの? 団体の方達は譲渡希望者に対し、

 疑心暗鬼になられているのではないだろうか?

・でも、気持ちを伝えるしかないし、事情は正直に話すしかない


* そして三回目に応募したのが、ぱでぃです

みんなでネットで何度も写真は見ていました

でも、実際に会うまで『ぱでぃくんを!!』と思っていたワケでは

ありませんでした

3月の二子の里親会には、ばぁば・おっとう・私に

にぃちゃんずの5人で行きました

会場の係留パイプに繋がれていたぱでぃは

今となってはウソっ!!って思うくらいおとなしくて

そして、少し淋しそうに見えました

一目見た途端に、おにぃがぱでぃの横から離れませんでした

以前の日記にも書きましたが、「犬との暮らし」はじぃじから

おにぃへのプレゼントだったので、希望するわんこの選択は

おにぃの希望が優先でした

ぱでぃの横にいたおにぃからは、前の二回よりも強く

「この子がいい!!」と思っているのが伝わってきました

アンケートに記入して、スタッフの方と一緒にぱでぃを

散歩させてもらったりした後、面談の順番が回ってきました

ばぁばも一緒にスタッフさん・預かり母のめぐろのいぬやしきさん・

保護主さんとお話をしました

アンケートに「お散歩は誰がしますか?」の意の項目があり、

我が家としてはおにぃへの思い(=責任を持って世話をしようね)も

あったので「長男(12歳)が中心となって家族みんなでします」と

答えていたのですが、これが保護主さんには気掛かりだったようで

「子供が散歩させるのはちょっと・・・」と言われました

“子供だけで”散歩させるつもりはなかったので、こちらも

言葉で捕捉はしました

《何故子供だけで散歩させてはいけないの? それは事故の予防と

 不意のトラブルが起こってしまった時の対処のためです》

他にも色々とお話をしました

断られた前の二回のことも踏まえて、こちらの気持ちが伝わります

ように・・・と頑張りました

でも、ダメでした   

後日、かかってきたのは断りの電話でした

理由は・・・たしかはっきりとは言われなかったような

「今回はご縁がなかったということで・・・」的なことだった

気がします・・・あまり覚えていません

『またダメだった・・・』で頭の中はいっぱいで

さすがに落ち込みました おにぃの落胆は想像を超えていました

この時思ったこと・・・

・アンケートの答え方で誤解されたままだったのか?

・保護団体からの譲渡はムリなのだろうか?

・ウチには犬と暮らす資格がないの?

・でも、ペットショップで生命(いのち)を買うのは嫌だ!!


しばらくは落ち込んだままで、

ネットで里親募集サイトを見ても見ていないような・・・

そんな感じでした

気になるのはぱでぃの“里親様決定・正式譲渡”の発表の

ことばかりで、見たら辛いのに、里親会HPと

めぐろのいぬやしきさんのサイトばかりを訪ねてました

でも、その発表はされぬまま4月半ばを過ぎた時、

月末の里親会にぱでぃが参加するとのお知らせが載っていました!


* 4月の二子の里親会へ これが本当の意味での

“再チャレンジ”だった気がします

会場に着いてすぐに面談を希望し(アンケートは前回のが保管されて

いて“散歩”の項目は「主に大人(私)がします」と書き換えました^^;)

再度、お話をさせていただきました

(ぱでぃは3月の里親会後、お試しに入る予定だった方との

話が不調に終わり、引き続き里親募集中だったのですが

「あちらがダメだったからこちらで」というような声掛けは

失礼になってはいけないので控えていたということでした)

そして、その場で“お試し決定”となりました

断られ慣れ!?してしまっていたのか、初めは信じられませんでした

スタッフの方が会場に周知する

「ぱでぃくん、決まりました〜!」の声で我に返り

他のスタッフの方の掛けてくれた「おめでとうございます」の言葉で

やっと『あ〜、ほんとなんだぁ』と思いました

諦めなくて良かったです、本当に




ここまででまだ前置きなの (ほんとに今日は長いよあせあせ(飛び散る汗))




断られ続けた間に色々思ってました

「どうして?」って感じたこともありました

でも、断る側の方々のことも考えました



このブログは里親会のリンクから前の日記を通して

見てくださっている方もいらっしゃるようなので、

これから保護団体からわんこ・にゃんこを家族に迎えたいと

希望なさっている方々にお願いがあります

保護団体のスタッフさん・ボラさんとお話をする際に

「そこまで聞くの?」と思うことはあるでしょう

でも、それはわんこ・にゃんこ、そして貴方方を思ってのことが

第一にあることをどうかわかってください



ぱでぃを通じて私がお知り合い・お友達になれた

預かりボランティアさんはどの方もご自身が“里親”でもあります

譲渡する側・譲渡される側、両方の体験者であり理解者です

家族に迎えたい気持ちや「こんなこと言ったら断られるかも?」と

いった事情も、「この子だ!!」と思えた子のしあわせのために

正直に伝えてください

譲渡の条件によくある「定期的に近況をお知らせください」とは

里親詐欺などを危惧されてのことであって

プライバシーを侵害するような意図はないと私は思います

それに近況報告することで、家族に迎えた子のことを

「しあわせになってくれて良かった」と

思ってくれる人がいるのって、嬉しいことですよね?



小冬ちゃんのように一度里親さんが決まって

その後返される子は少なくありません

悲しいことだけど、「返してくれるだけ良かった」と

昨日(もう一昨日だね)、小冬ちゃんを引き取りに向かう前の

ももパパ・ももママは仰っていました

知らぬ間に二重譲渡されてしまったり

保健所に連れて行かれてしまう子もいるのです

小冬ちゃんの里親さんも辛かったのだと思います


今度こそぶっ太い赤い糸をもも家が手繰り寄せてくれます


ウチははじめに書いた事情で、当分は多頭飼いも難しい状況ですが

お友達の預かりっこの犬慣れ・人慣れへの協力と

ぱでぃともっともっとしあわせになることが

今の私達に出来ることだと思っています


里親になりたいと思った時、これは一生の問題なのだと考えてください

家族になった子の犬生(猫生)はその子のものだけれど

自分の人生に含まれるものなのだと

その子のしあわせは自分のしあわせでもあるのだと





**偉そうなことを言ってます上にまとまりのない文章ですみません**
**言葉が足りない所もどうかご容赦ください、         **
**誰かを責めるものではありません              **
ニックネーム yukiboo at 04:56| Comment(14) | TrackBack(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

ミリーちゃん

ぱでぃと同じ預かり宅を卒業したて(1ヶ月前)のミリーちゃんが

迷子になってしまいました!!

お近くの方・見かけた方は情報をお寄せ下さい

以下、めぐろのいぬやしきさんからの転記です

s-DSC04647.jpg

ミリーちゃんが12月30日朝 中央区日本橋 浜町公園から逸走


・茶色地に黒い縞(甲斐犬のような)
・生後6ヶ月半 メス
・13kg程度
・半垂れ耳 細長い垂れ尾
・ほっそり
・オレンジ色の細い首輪(内側に電話番号)
・避妊していません

譲渡してから1ヶ月経っておらず、まだあまり慣れていません
胴輪からすり抜けてしまいました

情報を求めております
交通事故が大変心配です

meguronoinuyashiki@goo.jp



どうか宜しくお願いいたします



ニックネーム yukiboo at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | お願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする